サザエ「赤ちゃん……出来たの…」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:23:44.54 ID:5+ebhkl1O

とりあえずその場を後にした二人。

沈痛な面持ちで帰路を辿ってゆく。

サザエは溜息をつき、下腹部を優しく撫でた。

サザエ(…赤ちゃん…私が守ってあげるからね…)

母は強し、とはこの事か。

否、もしかしたら『女』としてノリスケを愛してしまったのか。

はたまた『産む』と意地になってしまっただけなのか。

それはサザエにもわからない。

神のみぞ知る。

花沢「あら?あれはサザエさん?……

なんか暗い顔…それにお腹を、大事そうに――…っ!」

花沢「成程……こりゃあおめでたいわねっ♪」

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:24:52.28 ID:rUDTkvCTO

まさかの花沢wwwwwKYすぎる

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:24:53.12 ID:wg4s5ce10

花沢さんwwwwwww

さすがだなw

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:25:17.30 ID:5+ebhkl1O

ノリスケ「なぁタイコ…」

タイコ「何?あなた」

ノリスケ「…久しぶりに……いいだろ?」

ノリスケはタイコに近付き、口づけを交わそうとする…が。

タイコ「駄目よ。イクラが起きちゃう」

ノリスケ「大丈夫、タイコが声をおさえれば…」

タイコ「嫌。それにあなた明日早いんでしょう。もう寝ましょ」

そう言うとタイコはそそくさと布団に潜り込み、そっぽを向いてしまった。

ノリスケは悔しいやら情けないやらで、キスも出来ないのかと嘆いた。

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:25:53.10 ID:jYM/RxMw0

マスオ「えぇ!?中田しでしちゃったのかい!?」

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:27:29.70 ID:ME4Ommu+O

>>108

勝手に再生されるwwwwwwwwww

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:27:43.92 ID:cY0jwUaS0

>>108 完全に脳内再生されてわろたwwwww

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:26:31.96 ID:5+ebhkl1O

実はノリスケ夫婦もセックスレスだった。

もし夜の営みが充実してさえいれば、あんな事にはならなくて済んだかも知れないのに。

そう思うとタイコさえ憎らしく感じてくる。

ノリスケ(俺は……何を考えてるんだ。タイコは何も悪くないのに…)

ノリスケ(とにかくもう一度サザエさんと話し合ってみよう)

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:27:29.07 ID:5+ebhkl1O

翌日の磯野家の夕餉時。

カツオ「あっ!そういえば姉さん!おめでとう!」

サザエ「え?何がよ?」

カツオ「今日花沢さんから聞いたんだよ。」

カツオ「『姉さんが妊娠してる』――ってね」

呼吸が、止まる。

一瞬でも動揺を見せたが最後。

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:28:29.16 ID:5+ebhkl1O

フネ「ほ、本当なのかいサザエ?」

波平「さ、サザエ!マスヲくん!本当に出来たのか?」

両親共に慌てつつも喜ばしい表情をしている。

ワカメ「にんしんってなーにー?」

カツオ「赤ちゃんがお腹にいるって事だよ」

タラヲ「あかちゃんですか?ぼくのきょうだいになるですか?」

カツオ「そうだよタラちゃん」

タラヲ「やったですー!うれしいでーす」

勝手に盛り上がる子供達。

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:29:31.16 ID:hDeRZGlW0
ヤバい・・・確実にやばい・・・・

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:29:43.58 ID:MW8wdy2q0

波平の「ばかもーん!」フラグびんびんだな

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:29:51.17 ID:dco6UnEV0
これは酷い

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:30:10.82 ID:OZye4/z3O
質高いな

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:30:14.74 ID:zCo0wO1Z0
これはwww

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:30:20.89 ID:GXRpsKoyO
wktk

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:31:58.60 ID:5+ebhkl1O

マスオの顔が怖くて見れない。

しかし。

マスオ「――知らなかったよ、サザエ」

予想外の言葉だった。

そこには、普段通りの穏やかな笑みのマスオがいる。

まさか………自分の子だと思っているのか。

レスとはいえ、ごくごく稀にある行為だ。

『貴方の子』だと騙し通せるかも知れない。

サザエは賭けに出た。

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:32:59.74 ID:w/d/Qmf+P

ゴクリ…

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:33:38.11 ID:sGCIPfG3O

マスオさん…

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:33:43.67 ID:hDeRZGlW0
危険な賭けだな・・・頑張れ

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:33:56.93 ID:6GbmGg/hO
マスオ空気読んだwwwww流石www

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:34:05.16 ID:5+ebhkl1O

サザエ「え、ええ……まだ病院へは行ってないけど、多分……妊娠、したわ」

家族の前で肯定した。

途端、皆嬉しそうに顔をほころばせ、祝福してくれた。

フネ「早速明日にでも病院へ行かないとねぇ」

波平「サザエ、とにかく安定するまで安静にしてなさい」

サザエ「は、はい…」

サザエは安堵した。

これでこの子を産む事が出来る。

ノリスケに迷惑をかけないで済む。

マスオに、家族に見放されずに済む。

そう、結局は保身が大事。

赤ちゃんもそうだが、自分がかわいいのだ。

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:34:08.78 ID:9d7hNZF20

これは恐ろしいサザエ

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:34:30.27 ID:FuBvOUyX0

くそ・・・見るつもりなんてなかったのに・・・追いついてしまった・・・

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:35:40.51 ID:5+ebhkl1O

真実を告げないのは卑怯かも知れない。

だがこのままでいる為には、秘密は墓場まで持って行くしかないのだ。

後日サザエは病院へ行き、着々と出産の準備を進めていった。

そしてまた、お腹の子の実父であるノリスケと以前の喫茶店で待ち合わせた。

ノリスケ「ほ、本当なんですか?疑われなかったんですか?」

サザエ「ええ、まあ…マスオさんはいつもと変わらない様子だったわ」

ノリスケもまた安堵した。

これでもうビクビクと怯える必要もない。

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:36:48.93 ID:5+ebhkl1O

ノリスケ「なんだ、良かった…僕はもう堕ろしてもらうしかないと……」

サザエ「――え…?」

ノリスケの口から思わず飛び出した本音に、サザエは愕然とした。

まずいと思ったのか、ノリスケは慌てて、

ノリスケ「あっ!で、でもっ、もうその必要はないですし……」

サザエ「ひどい……ひどいわノリスケさん…自分だってあんな事しといて…!

簡単に堕ろせだなんて…」

ノリスケ「なっ…誘ってきたのはサザエさんですよ!

大体堕ろした方がお互いの為にもいいでしょう?!

家庭が壊れるくらいなら、諦めた方がいいんだ!」

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:38:22.29 ID:mtWsgJJN0

nice boat.

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:38:26.76 ID:5+ebhkl1O

サザエ「ノリスケさん…貴方本気でそう言ってるの!?

お腹の子が家族に認められた今でも…!?」

ノリスケ「そうですよ!だって血液型とか顔付きとか、

そういうのでバレてしまう可能性だってあるんですよ!?」

ノリスケ「マスオさんの子じゃないって事が!」

「や っ ぱ り ね」

サザエ&ノリスケ「!!!?!」

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:39:10.31 ID:v+S1oh4g0

>>157

wktk

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:39:15.58 ID:ZAULHEm30 ?2BP(1102)

wwww!?

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:39:33.80 ID:5+ebhkl1O

気付かなかった。

二人の後ろの席に座っていた男女がゆっくりと振り返る。

マスオと、タイコだった。

サザエ「ま、ま、ままま…ま、マスオ、さん……!?」

ノリスケ「たたたたたたたたタイコこここ」

マスオ「やっぱり、僕の子じゃないんだね。そのお腹の中にいるのは」

タイコ「……………」

冷静に見えるマスオとタイコだが、その無表情が逆に恐ろしい。

あれだけ声を荒げて喋っていたのだ、話の内容は筒抜けだろう。

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:39:33.52 ID:Gwf6IK9FO

うわあああああ

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:39:33.51 ID:6GbmGg/hO

マスオきた―――――――――――――

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:39:39.05 ID:w/d/Qmf+P

うわああああああああああああああああああ

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:39:50.00 ID:X9gm6kkkO
きゃあーーーーーー

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:40:11.51 ID:XzshbkBm0
うわwwwwwwwwwww

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:40:28.00 ID:5+ebhkl1O

サザエ「ち、違うのよマスオさん!これはっ…その…」

マスオ「言い訳なんて聞きたくないよ、サザエ。

……いや、淫乱な雌豚、って呼ぶべきかな?」

サザエ「!!」

顔は笑っていても、目は笑っていない。

マスオはサザエとノリスケを、まるで汚物か何かのように蔑んで見ている。

タイコはただ無言を貫き目を伏せたままだ。

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:41:29.94 ID:5+ebhkl1O

マスオ「離婚だね」

サザエ「そ、そんなっ!!」

マスオ「当たり前じゃないか。そこのハイエナのガキを、

うしてわざわざ僕が育ててやらなくちゃいけないんだ。」

ノリスケ「は…ハイエナ…だと……」

マスオ「ああそうさ。

いつもお義父さんに飲みに連れて行ってもらったり、

ウチに上がり込んできては、食べ物のおこぼれを貰ったり…

まさにハイエナじゃないか」

ノリスケ「マスオさん…貴方いつも僕の事を、そんな風に…?」

マスオ「フッ…揚げ句の果てにはそのハイエナ根性でサザエにまでも手を出すなんてね。

全く、感心するよ」

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:41:41.60 ID:N7uCGLDEO

修羅場wwww

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:41:55.91 ID:6MfM7Kj/0

マスオさんww

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:42:02.33 ID:rMyVnRFS0

マスオ饒舌www

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:42:22.42 ID:hDeRZGlW0

マスオが覚醒した・・・・

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:42:27.21 ID:5+ebhkl1O

ノリスケは思った。

こんな女と一回寝たくらいで、どうしてこんな屈辱を受けなければならないのか。

そうだ…………

全てはこの女が、妊娠なんてするから。

ノリスケ「……っお前が!『産む』なんて言うからだァァアア―――――ッッ!!」

激昂したノリスケは、テーブルに置いてあった食事用のナイフで

サザエ「きゃあああああああああああああ――――っっ!?!」

サザエの腹を、突き刺した。

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:43:00.77 ID:XzshbkBm0

ぎゃあああああああああああああああアアア

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:43:04.27 ID:Eebs2OTR0

ええええええええええええ

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:43:16.21 ID:4J5hrf5n0

!?!?!?!

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:43:16.93 ID:zZTnU/bT0

これなんて昼ドラwwwwwww

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:44:05.61 ID:5+ebhkl1O

――それから。

元気に笑っているサザエ。

タラヲやワカメ、カツオは『それ』を眺めて、目に涙を溜めている。

カツオ「姉さん…時々すごくムカついたけど……明るくて楽しい姉さんだったのに……う…うう…」

ワカメ「…おねぇちゃあん……う、ああぅ……」

タラヲ「ママ……ママぁ……ああああん…!うわああぁん!」

遺影に写るサザエの笑顔。

子供達は泣きに泣いた。

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:44:17.35 ID:OObHAY3C0

昼ドラもビックリの超展開

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:44:19.65 ID:wqHkmJBuO

サザーエデイズ

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:44:32.30 ID:1ESHwAE50

展開速すぎるwwww

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:44:41.60 ID:v+S1oh4g0

>>212

氏んだwwwww