サザエ「赤ちゃん……出来たの…」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:00:38.95 ID:5+ebhkl1O

サザエ「な、何、この感じ……」

口元に宛がった手をゆっくりと外し、サザエは困惑の表情を浮かべた。

急に催した吐き気。

これは以前にも体験した事がある――『女』であるからこそ経験出来る事。

サザエ「…………つわ、り……?」

サザエには確信があった。

しかしどうにも喜べない。

むしろ、妊娠したという事実を知られてはならない――サザエの頭にはそれしかなかった。

サザエ「…どうしよう……きっとあの時の子だわ………」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:01:01.66 ID:SsYI8aaq0

ふぅ・・・

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:01:53.51 ID:iwXhF9SK0

提供は東芝

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:01:46.99 ID:5+ebhkl1O

遡る事3ヶ月前。

カツオ「母さん母さん!これ見てよ!」

フネ「どうしたんだいそんなに慌てて……おやまあ、算数のテストが75点!」

カツオ「へへへ…」

フネ「よく頑張ったねぇカツオ」

フネ「お父さんが帰ってきたら、報告しないとねぇ」

珍しくテストで良い点を取ったカツオ。

フネと波平はカツオを褒め、その日の波平はいたくご機嫌だった。

波平「カツオ、この調子で次も頑張りなさい」

カツオ「はい!お父さん!」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:03:07.74 ID:5+ebhkl1O

マスオ「いい返事だねーカツオくん!

そうだ、ご褒美も兼ねてみんなでパーッとどこか遊びに行きましょうか!」

カツオ「えっ本当!?マスオ兄さん!?」

波平「ふむ…まあたまにはいいだろう」

子供達「わーい!やったー!!」

波平「母さんも一緒に来るといい」

フネ「私もですか?でも家の事が…」

サザエ「いいわよ母さん!家の事は私がするから、皆で遊んでらっしゃいよ」

フネ「いいのかい?サザエ」

サザエ「ええ、母さんだってたまには遊びに出掛けたほうがいいわ。

私なら大丈夫だから」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:04:39.10 ID:5+ebhkl1O

そんなこんなで日曜日。

サザエ以外の家族は皆出掛けて行った。

サザエ「ふう…掃除も終わったし、一休みしましょ」

ピンポーーン

サザエ「あら?誰かしら」

サザエ「はぁい…あら、ノリスケさん!」

ノリスケ「こんにちはーサザエさん!」

日曜日なのに背広を着ているノリスケ。

サザエ「またいささか先生の原稿待ちなの?」

ノリスケ「そうなんですよー、締切ギリギリなんで休日に押しかけちゃいましたw」

ノリスケ「でもまだ終わりそうにないんで、小腹もすいたしちょっとこちらで待たせて貰おうかなと……」

サザエ「要するにお昼ご飯目当てなんでしょ」

サザエの指摘にノリスケはバツが悪そうに舌を出した。

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:05:29.68 ID:ZAULHEm30 ?2BP(1102)

ノリスケ期待

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:05:30.69 ID:hDeRZGlW0

またワクワクする話しが・・・

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:05:48.96 ID:5+ebhkl1O

サザエ「まあいいわ。

今日は私一人だし、一人でご飯食べるのも寂しいし…上がってノリスケさん」

ノリスケ「えっ?おじさん達はどうしたんですか?」

サザエ「カツオのご褒美にね、遊びに出掛けたの。

母さんにも羽を伸ばして貰いたかったから、

今日は私が家の事全部任されてるのよ」

ノリスケ「へぇ〜そうなんですか!あ、お邪魔しまーす」

それからサザエはノリスケと二人きりで昼ご飯を食べた。

食事中でもノリスケは他愛もない話でサザエを楽しませてくれ、

一人ぼっちの休日がほんのりと充実してゆく。

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:06:16.41 ID:MW8wdy2q0

サザエさんのアワビさんか・・・・・・うん悪くない

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:07:40.66 ID:zZTnU/bT0

もしや・・・

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:08:01.99 ID:5+ebhkl1O

サザエ(そういえばノリスケさんと二人きりって、初めてかも……)

ふと思う。

今までは誰かしら居合わせていたから何とも思わなかったが、

改めてこの状況を考えると、なんとなくくすぐったいような、

とにかく言いようのない気持ちになった。

サザエ(マスヲさん以外の男の人と二人きりも、初めて………)

何故か高鳴る鼓動。

サザエは小さく首を振り、浮き出る気持ちを打ち消した。

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:08:08.17 ID:zTbIPdSq0

わっふる

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:08:08.99 ID:XzshbkBm0

期待wwwwかなりwwwwwww期待wwwwwwwwww

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:09:18.27 ID:5+ebhkl1O

サザエ(…私ったら何考えてるの?

相手は大事な親戚のノリスケさんなのよ!……それに…)

ノリスケの妻のタイコ、息子のイクラの存在だってある。

タイコにはいつも世話になっているし、イクラはタラヲと仲良くしている可愛い親戚だ。

――じゃあ、その存在がなかったら?

サザエの胸は先程よりもうるさく熱くなった。

サザエ(私…最低だわ…!)

そう自己嫌悪し俯くサザエを怪訝に思ったノリスケ。

ノリスケ「どうかしたんですかサザエさん?顔色が悪いですよ?」

サザエ「はっ!な、何でもないわっ・・・!」

ガタン!パシャッ・・!

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:09:24.34 ID:uYK9fEOaO

サザエびっち過ぎwww

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:11:02.15 ID:hDeRZGlW0

サザエは嫌いだが>>1のサザエさんはワクワクする

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:09:38.80 ID:6GbmGg/hO
サザエさんの設定年齢教えてくれ

>>33
サザエさんは24歳くらい?ノリスケはシラネ

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:11:11.32 ID:5+ebhkl1O

ノリスケの声に驚いたサザエの手が、湯飲みにぶつかりお茶が零れてしまった。

サザエ「熱っ…!」

ノリスケ「だ、大丈夫ですか!?ちょっと見せて下さい!」

ノリスケは咄嗟にサザエの手を強く握り、火傷の有無を確認している。

その大きな、温かい手が、サザエの理性を掻き乱す。

サザエ(ああ…そういえばここ最近、マスヲさんともご無沙汰だったわ……)

サザエ(この逞しい手で触られたら、どんなに気持ちいいのかしら……?)

サザエの下半身が熱く濡れそぼつ。

色を含んだ瞳で見つめられ、ノリスケはごくりと生唾を飲み込みつつも、平静を装う。

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:11:26.77 ID:iKynD4yd0

しかしこの脳内再生のされ方は異常

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:12:20.40 ID:yLXNTqCxO

生々しくてハラハラするわ

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:12:34.04 ID:XzshbkBm0

サザエさんの色を含んだ瞳ってどんなんだよwwww

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:12:36.87 ID:5+ebhkl1O

ノリスケ「あ、あの…火傷はしてないみたいです」

サザエ「そう……でも、私…別のところが…焼けるように熱いの……」

ノリスケ「…え……さ、サザエさ…んむんっ?!」

サザエからの激しいキス。

ノリスケの口内に舌を這わせ、時折ちゅくちゅくと吸い上げる。

いつしかノリスケもそれに応えるようになってきた。

サザエ「はぁっ…はぁっ…ん、ノリスケさん……」

ノリスケ「す、すいませんサザエさんっ!」

我慢出来ないノリスケ、サザエに覆い被さり夢中で服を剥がす。

サザエは恍惚とした表情でノリスケを受け入れ、

やがて二人同時に果てたのであった・・・・・・

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:13:41.23 ID:rUDTkvCTO

ふぅ…

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:13:54.87 ID:hDeRZGlW0

すまん吐いた

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:13:52.47 ID:5+ebhkl1O

サザエ(……きっと、あの時…)

マスヲとは随分ご無沙汰であり、彼の子である確率は極めて0に等しい。

こんな事が家族に露呈すれば………否、絶対に秘密にしなければならない。

しかしお腹の子はどうすれば…………?

サザエ(もしかしたら勘違いかも知れないわ……私ってばはやとちりだし……)

いつの間にか身体が小刻みに震えている。じっとりと汗が滲んでいる。

思い過ごしであってほしい。

しかしそんな願いは残酷にも打ち砕かれてしまう。

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:14:07.85 ID:6GbmGg/hO

えっ!濡れ場終わりかよwwwwww

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:14:12.30 ID:fvT5oChCO

性描写が少なくて息子もカンカン

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:14:19.99 ID:uov0oP9U0
クソワロタwwwww

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:15:12.56 ID:XzshbkBm0
濡れ場もっとkwskみたかったぜ

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:15:37.52 ID:MW8wdy2q0
むしろ濡れ場カットでほっとしてる俺

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:15:26.72 ID:5+ebhkl1O

サザエ「……陽性…ですって…?」

サザエの手には妊娠検査薬が握られていた。

陽性=ほぼ妊娠確定、すなわちサザエは――…。

サザエ(に ん し ん し た)

それからのサザエは、表向きはいつも通り明るく振る舞ってはいるものの、

『妊娠』という事実に怯え、ひたすら目を逸らし続けてきた。

つわりも何とか抑え、見つからないようにと努めてきた。

しかし家族にバレるのも時間の問題。

いずれは腹が膨らみ、妊娠が公のものになってしまう。

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:16:53.38 ID:5+ebhkl1O

意を決したサザエは、ノリスケを喫茶店へと呼び出した。

サザエ「…………」

ノリスケ「……あ、あの………この間は、その…」

『あの行為』以来、会うのはこれが初めてであった。

お互い気まずくなり避けていたのだ。

サザエ「ノリスケさん」

ノリスケ「は、はいっ!」

サザエ「…………たの…」

ノリスケ「え?よく聞こえないんですけど…」

サザエ「――出来たの。貴方の赤ちゃん」

ノリスケ「………………………………………………………………………………

………………………………………………………………………え?」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:18:16.25 ID:5+ebhkl1O

それはいつもの彼女の目ではなかった。

真剣な顔だった。

冗談とは思えなかった、……否、冗談であればどんなに良かったか。

この雰囲気…冗談では済まされない。

ノリスケはただただ目を泳がせ、汗を噴き出し、

落ち着かない様子で頭を掻いたりコーヒーを飲んだりしている。

サザエも同じくコーヒーを啜る。

母体にカフェインを摂取しても良いのだろうか?そんな事を考える余裕すらないようだ。

ノリスケ「……本当、なんですか…?」

サザエは黙って頷いた。

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:19:44.56 ID:MW8wdy2q0

これを携帯に書き溜めてる>>1を想像したらなんかゾッとした

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:19:52.35 ID:5+ebhkl1O

サザエ「検査薬が陽性だったの。…正直マスヲさんとは……

その、セックスレスで……だから「待って下さい!!」

ノリスケが声を荒げサザエの言葉を遮った。

彼の顔は強張り、混乱のあまり笑ってしまっている。

ノリスケ「でもだって…いきなりそんな……僕には、タイコやイクラが……っ!」

頭を抱え目の前の現実を否定するノリスケ。

無理もない。叔父の波平の娘であるサザエに、そんな。

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:20:25.56 ID:wg4s5ce10

ちゃんと顔が浮かんできて

頭の中でアニメの場面が想像できるのが不思議

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:21:34.76 ID:n2OADjohO

ノリスケ・・・・男を試される場だぞ

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:21:41.26 ID:fvT5oChCO
ノリスケ鬼畜化

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:20:50.15 ID:KDQ1Q8HD0
今の内に子供の名前考えるか

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:22:09.19 ID:yLXNTqCxO
海苔と栄螺の子だから
フジツボあたりでいいだろ

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:22:12.09 ID:5+ebhkl1O

サザエ「…ノリスケさんには迷惑はかけないわ。ただ、私………産みたいの」

ノリスケ「!?!」

愕然とした。

『産みたい』………だと………?

ノリスケ「ッ……どうして!産んだら…いや、妊娠したと知れるだけで

マスヲさんの子じゃないとわかるんでしょう!?」

サザエ「ええ……そうなるわね…――でも産みたい!貴方の子を…!」

ノリスケ「……!!」

サザエの目がきらきらと燃えている。意志は固いようだ。

ノリスケ(こいつ……早く何とかしないと……)

ノリスケの心は壊れ始めていた――。

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:22:52.13 ID:KlOd5v+M0

これはキタかもしれんね

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:22:58.08 ID:2TOI7KH8O

なんで俺が緊張しているのだろう

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/11/28(金) 16:23:12.27 ID:hDeRZGlW0
壊れ・・初めていた・・?

・・・!!!!!!!!!