【ゆ虐】子れいむ「ゆゆっ?!なんでにんげんがはいってくるにょ?!」

200.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 03:29:57_80 ID:QsPOegh0

今までゆっくりしすぎたし、これ以上発展しないのなんて面白くないし。それに君達だって俺の行動スピードの遅さにイライラしてくる頃だろうしね

君達って誰だ。

「れいむ、まりさ。ここで君達にチャンスをあげよう。」

「ゆああ?なにいって」

「そうだぜ!おちびたちをかえしてまりさたちにあやまるのぜ!そうしたらどれいにするだけでゆるし」

「あのさ、俺が喋ってる時に口出しするなって言ったよな?聞いてなかったのか?それともそんな事覚えられないくらい馬鹿なの?死ぬの?」

201.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 03:31:32_88 ID:QsPOegh0

俺が突き出した手はまっすぐとまりさとれいむの口に入っている。少し力を込めるだけできっとこいつらの喉(背中?)には大きな穴があくことだろう。

「俺が優しくしてるうちに力の差を理解しなよ。」

202.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 03:32:28_22 ID:QsPOegh0

今にも目が飛び出そうな饅頭たちから手を引き抜いた。よだれが手についている。これはただの砂糖水だけれど野良ゆのなんか汚水と同じだ。れいむとまりさのおかざりで拭いておく。

「話の続きだ。どちらか一人だけチャンスをあげる。どっちかは自分たちで決めてよ」

203.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 03:33:25_05 ID:QsPOegh0

「…ゆ」

まりさが難しい顔をし始めた。
迷っているみたいだ。自分か、れいむか。どちらにチャンスを与えるか。

「れいむ!れいむをたすけてよ!」

204.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 03:34:00_83 ID:QsPOegh0

口を先に開いたのはまあ予想通りれいむ。本当に自分優先だな。
隣のまりさはショックを受けているようだ。残念だなまりさ。こんな番を持ってしまうから。

「れ…れいむ?なにをいっているのぜ?なやみもしなかったのぜ…?」

205.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 03:35:22_32 ID:QsPOegh0

「なにいってるのまりさ。まりさがばんをまもるのはあたりまえでしょ?
それにれいむにはおちびちゃんがいるんだよ?
それならちゃんすはれいむにあたえられるべきだよね?そんなこともわからないの?
ゆっくりりかいしてね!」

206.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 03:36:25_70 ID:QsPOegh0

「でもれいむ、
もしまりさがちゃんすをもらってうまくそとにでれたら、
れいむたちをたすけられるかのうせいがあるのがわからないのぜ?
れいむがでたらほかのおちびはどうするつもりなんだぜ?」

207.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 03:38:21_13 ID:QsPOegh0

「ゆ?
まりさはじぶんででれるでしょ?さいっきょうなんだから。
でもれいむはかわいそうなんだよ。おなかにあかちゃんがいて、それにまりさみたいにたたかえないもの。
れいむはまりさをしんじてるからさきにいくんだよ。
まりさをあいしてるからさきにでてまっているんだよ」

208.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 03:49:21_95 ID:QsPOegh0

「ゆ…れいむ…そこまでまりさのこと…」

なんで俺がこんな茶番劇を見なければならないのか。(友人曰く「君はわかってないなぁ。その茶番劇が馬鹿馬鹿しくて面白いんじゃないか。ぼくなんてそれが見たくてわざと番を狙ったりするよ」とのこと。)
ていうかまりさ、お前涙ぐんでるけどそれれいむに言いくるめられてないか。
信じてるなら先に出てもらって助けてくれるの待つだろ。あとさりげなく馬鹿にもされてるぞ。
…ふむ、悪知恵はれいむの方が上なのか。母性()のおかげかな。

216.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 12:54:13_45 ID:QsPOegh0

「決まった?」

俺は聞いてなかった振りをした。

「ゆん、きめたのぜ。
れいむ、れいむにちゃんすをやってほしいのぜ。」

きり、と効果音がつきそうなまりさがゆふん、とすでに声にまで偉そうな音が出ているれいむの横に並んでそう言った。

217.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 12:55:00_88 ID:QsPOegh0

「お前らの答えはそうなんだな。了解した」

俺は手を伸ばす。
期待に満ち嬉しそうなれいむの

横にいるまりさに。

218.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 12:56:10_84 ID:QsPOegh0

「よっと」

ひょいと目を見開いているまりさを持ち上げる。

「ゆええええええええええ?!なんでばりざがああああああ?!でいぶをだしでぐれるんじゃながっだのおおおおおおおおおお?!」

「な、なんでなのぜ?まりさはれいむを」

「俺、お前ら出すなんて言 っ た っ け ?」

219.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 12:56:51_51 ID:QsPOegh0

「うぞづぎいいいいいいいいうぞづぎはじんじゃええええええええくそじじいいいいいじねええええええ」

「ゆ、だっだってちゃんすって」

「ここから出れるチャンスなんて、誰が言ったの?」

220.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 12:57:48_06 ID:QsPOegh0

「ばりざああああああああああ」

「ゆ、え、あ?あ、」

「な?言ってないよな。」

「だばしたなあああああああゆっぎいいいいいいいいい」

221.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 12:58:37_45 ID:QsPOegh0

「ええ、騙したなんて人聞きの悪い。」

がし、

「ゆ、がっ」

「れ、れいむ…!」

ぎり、ぎち

「お前らが聞かなかったから言わなかっただけだ。」

「でぼぉ、」

222.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 12:59:16_10 ID:QsPOegh0

ぐち

「あ、あ、ごべ、ごべんなさ、でぼ、でぼ」

ぐち、ぬちち

「そんなのだまじだのどがわんな…」

「お前らは本当に知能が低いな。その餡子はなんのためにあるの?」

223.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 13:00:02_77 ID:QsPOegh0

れいむを掴んでいた手を離す。

「あぁ、そうだなんのチャンスだったか聞きたいか?」

「…ききたいのぜ」

「ゆ…う…ぎがぜろぉ…」

224.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 13:01:37_01 ID:QsPOegh0

ケースに思い切り顔を近付ける。
れいむの汚い顔が近い。

「教えてやらねぇよバァカ」

ぽかんとした顔が間抜けで笑うかと思った。蓋を閉める瞬間もほうけた顔でこっちを見上げていた。声を上げて笑い出すところだが生憎俺の口から笑いは出なかった。あぁおかしい。俺は立ち上がりまりさを抱えたまま子供が入ったケースをのぞく。
子れいむの針は全部抜かれていた。

225.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/12 13:02:39_32 ID:QsPOegh0

「お疲れさままりさ。れいむ」

れいむにオレンジジュースを少しかけてやる。まりさは疲れたのか眠っていた。まぁあれだけ神経集中させてなおかつ姉の命がかかっていたんだもんな。当たり前か。

230.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/13 00:59:18_41 ID:LpZO6T/0

「じゃあ行こうかまりさ」

「っゆ!まてじじいいいいいいいふざげるなぁあああああああ」

れいむの悲鳴が篭った音となって俺の耳に入ってくる。何言ってるかわかません。

231.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/13 00:59:52_53 ID:LpZO6T/0

部屋から出て後ろ手にドアをしめた。歩き出そうとしたところでまりさが体をひねって視線をこっちに向けてくる。

「まりささまに、何するつもりだぜ」

232.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/13 01:01:02_95 ID:LpZO6T/0

ちょっとびっくりした。
ちょっとだけな

「あれ、いきなり強気だなまりさ。怖くはないのか」

「れいむとおちびがここにいないいま、まりささまがおそれるものはなにもないのぜ」

ゆん、と鼻息(らしきもの)をならし前に向き直るまりさ。

233.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/13 01:01:40_14 ID:LpZO6T/0

「つまりゆん質さえ居なければ平気だとでも?」

「そういっているのぜ。」

「ふうん。じゃあそんなまりさにチャンスあげようか?」

234.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/13 01:02:12_31 ID:LpZO6T/0

まりさが俺を一瞥する

「…ゆん、もうだまされないのぜ。」

鼻で笑うような言い方でまりさはそう言葉を吐き捨てた。

「この短期間でそこまで成長出来たなら褒めるところだな。ただ今回は本当だ。お前に得のあるチャンスだよ」

235.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/13 01:02:49_51 ID:LpZO6T/0

「うそついてないのぜ?」

「ついてないよ。」

「…じょうけんをきいてやるぜ」

「上から目線がムカつくが教えてやるよ。俺が今からお前にする事全部に耐え切ったらまりさ、お前をここから逃がしてやるよ。」

236.吉本◆yERSgSs5Ng :2012/07/13 01:03:23_74 ID:LpZO6T/0

「ゆ、それ…ほんとうなのぜ?しんじていいのぜ?」

「今信じなきゃこのチャンスは無くなる。そうだな…譲歩して、耐え切ったら全員逃がしてやるよ。お前ら一家、全員な」