寝ようとする→兄の焼死体がこっちを見ている→起きる

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:10:36.45 ID:0+F9qqc+0
ひーちゃんは中学生の頃に三人殺した
父、母、兄の三人だ
自殺しようと思って、自宅に火をつけた
はた迷惑な野郎だ

そしたらひーちゃんだけが助かってしまった
やっちまった、とひーちゃんは思った
いい人達だったのに燃やしちまった

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:12:26.73 ID:0+F9qqc+0
家が無くなり、家族が全員死んで、
親戚の家で暮らすことになったひーちゃんは、
「いざとなったらもう一回自殺すればいいや」と思い、
そしたらけっこう生きるのが楽になった

火をつけたのがひーちゃんだとは誰も思わなかった

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:14:18.74 ID:0+F9qqc+0
高校は遠い、勉強は難しい、親戚は優しい、
多忙な生活の中で、ひーちゃんはふつうの人間になっていった

「なんで自殺なんかしたんだろう?」と思うようになった
中学の頃の俺は、頭がおかしかったんだ

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:16:31.95 ID:0+F9qqc+0
ひとごろしのひーちゃんは、
奨学金を使って大学へ進学し、一人暮らしを始めた

全ては順調に行っているように見えたが、
春の終わりごろから、寝不足に悩まされるようになった

兄が寝させまいとしてくるのだ

確かに悪いのはひーちゃんの方なので、
そういうことをされても仕方ないとひーちゃんは思った

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:18:13.27 ID:0+F9qqc+0
眠りにつくその瞬間、ふっと目が覚めて、
窓なんかに目をやると、兄がこっちを覗いている
死んだときの姿そのままで

あまり気持ちの良いものではない
率直に言ってびっくりする
正直さいしょは悲鳴をあげた

直接的な何かをしてくるわけではないが、
ひーちゃんは着実に弱っていった

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:27:50.00 ID:5pHrw3Ib0
なにこれ怖い

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:21:06.85 ID:0+F9qqc+0
授業中に居眠りをするようになって、
ひーちゃんはある法則を発見した

人前で寝る分には、兄は現れない

教室や食堂など、人の集うところだと、
ひーちゃんは安心して寝られるようになった
一人でもひーちゃんの存在を意識している人がいれば、
ひーちゃんはよく寝ることができた

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:24:24.96 ID:0+F9qqc+0
じゃあ友達に手伝ってもらえば寝られるじゃん!
しかしひーちゃんには友達がいなかった

罪の意識からくる自分への戒めなのか、
単純に人付き合いが苦手なのか分からないが、
とにかくひーちゃんには友達がいなかった

眠くなると、近所のマックやドトールに行って迷惑がられた
それでも睡眠時間はろくにとれなかった

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:27:53.61 ID:0+F9qqc+0
たぶんひーちゃんは寿命が残り少なかった
ひーちゃんもそれを自覚していた

兄は本気でひーちゃんを連れていくつもりだった
ひーちゃんも仕方のないことだとは思った

むしろ、父と母が同じように現れないのが不思議だった
親と言うのは心が広いんだなあ

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:31:45.23 ID:0+F9qqc+0
一生懸命生きてきて、自分の人生に愛着も湧いていたが
一方で、そんなに生き残りたいとも思わなかった

ただし、積極的に死のうという気もなかった
そのうち目が悪くなり、耳も遠くなってきた
起きてるんだか寝てるんだかも曖昧になってきた

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:56:50.36 ID:5pHrw3Ib0
これは・・・

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:57:13.54 ID:Jgnnpn4+P
ひーちゃんサウナとかスパ銭だと仮眠室あるから
人前で寝れるし迷惑がられないよ
ホモに誘われるかもしんないけど断ればいいよひーちゃん

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:35:22.69 ID:0+F9qqc+0
その日もひーちゃんはイオンのフードコートで寝ていた
携帯がガタガタいう音で目が覚めた
そういえば携帯って振動するんだっけ

ひーちゃんが携帯をぱかっと開けると、
なんと着信が五件もきていた
これはひーちゃん的には一年分に相当する

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:39:08.67 ID:0+F9qqc+0
選択科目の授業でペアを組んでいる相手だった
授業のことで何かあったのだろうか
あわててひーちゃんはリダイヤルした
咳払いをして声を整えた

死期が近づいていると分かっていても
相変わらずどうでもいいことが気になる
単位なんてとっても仕方ないのだが

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:41:46.41 ID:0+F9qqc+0
「寝てた」とひーちゃんは言った

「だろうと思った」と相手の子は言った

しょっちゅう隣の席で寝ているから
ひーちゃんがよく寝る人だということは知っていたようだ

ひーちゃんは聞いた、「で、何の用事?」

「ほら、あれ、水曜一限の課題」

「なんかあったっけ?」

「今日の六時までのやつ」

「それ、大事なやつ?」

「はあ?」お怒りの様子だ

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:44:05.09 ID:0+F9qqc+0
「それって、成績に響く?」ひーちゃんは聞いた

「これやんないと単位もらえない、超大事」

「分かった。大学行けばいい?」

「いや、君んちの傍にいる」

「え? 知ってんの?」

「前授業で言ってたじゃん」

「あー。でも俺、今イオンにいる」

「はあ?」

授業の時も、しょっちゅう「はあ?」と言うので、
ひーちゃんはこの子のことを、頭の中で「はーちゃん」と呼んでいた

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:47:06.52 ID:0+F9qqc+0
「早くこっちきてよ」

「三十分くらいかかる」

「はあ? さっさと来てよ」

ひーちゃんは原付を飛ばして帰った
人と話すのは久しぶりだった
自分ってこういう話し方だっけ? と思った

アパートにつく
ドアの前に、はーちゃんが座っていた

明るい髪色で、目がパンダのはーちゃん
ひーちゃんが一番苦手なタイプだった

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:50:50.53 ID:0+F9qqc+0
「ここ、パソコンある?」とはーちゃんが聞いた

「ある。ネットには繋がってないけど」

「じゃあ、ここで作業するよ。もう時間ないし。いいでしょ?」

「いいですよ」

はーちゃんはひーちゃんの部屋に入って
ひととおり物の無さと生活の質素さに驚いて
四回「はあ?」って言ったあと、課題をはじめた

ひとごろしひーちゃんにとって、ここは生活空間ではないのだ

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 19:55:38.03 ID:0+F9qqc+0
まずいことに、その課題の趣旨は
「相手がこれまでどのように育ってきたか」を
インタビューしてレポートにまとめるというものだった

まずひーちゃんがはーちゃんにインタビューした
三歳からピアノを始めた、小学校から塾に通った
中学は体操部に入った、高校は女子校
はーちゃん、意外とお嬢様だった

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 20:00:38.52 ID:0+F9qqc+0
ひーちゃんは聞いた
「どうしてお嬢様が、そんなんになっちゃったんだ?」
はーちゃんは少し間をおいて答えた
「良い本や良い音楽と巡り合ったから」

はーちゃんの口からそんな言葉を聞くとは思わず
ひーちゃんはなんか久々につぼに入って笑った
実に久しぶりだった

ひーちゃん的には爆笑だったのだが
はーちゃんには薄ら笑いを浮かべてるようにしか見えなかった
はーちゃんはちょっと不機嫌になった

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 20:01:50.31 ID:0+F9qqc+0
ところがその本や音楽について聞いてみると、
ひーちゃんの趣味と結構似ていた

ひーちゃんがそれらのCDや本を持っていると言うと、
はーちゃんは「知ってるよ。そこにあるやつでしょ」と言った
「はあ?」って言ってもらえなくてひーちゃんがっかりした

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 20:04:46.38 ID:0+F9qqc+0
はーちゃんの好きなグールドのCDを流しつつ、
ひーちゃんの人生についての説明が始まった

壮絶過ぎてはーちゃんコメントに困った
もちろん自殺については隠したが

はーちゃんは話題を逸らすことにした

「さっき、電話で『寝てた』って言ったよね?」

「うん。寝てた」

「イオンで寝てたわけ?」

「そういうこと」

はーちゃんますます混乱した

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 20:07:27.85 ID:0+F9qqc+0
はーちゃんは聞いた、
「君、一日何時間寝てるの?」

「量だけなら、六時間くらい」

「昼夜逆転型なの?」

「特殊な不眠症なんだ」

はーちゃんはひーちゃんの顔を見た
明らかに睡眠不足の顔だった

でこぴんすると二秒遅れて「痛い」と言った
反応速度とかも相当にぶっている
これは重傷だ、とはーちゃんは判断した

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 20:10:27.97 ID:0+F9qqc+0
互いのインタビューが終わり、二人はレポートを書きはじめた
ひーちゃんが一足先に書き終えた

ひーちゃんは眠気で頭がどうかしているので、
はーちゃんに馴れ馴れしく話しかけた
「早く書けよ、はーちゃん」

「うるさいなー、急いでるよ」

「そっちが終わらないと俺も終わらないんだから」

「てか、はーちゃんって誰だよ」

ひーちゃんはあだ名について説明した
以後、はーちゃんはあんまり「はあ?」って言わなくなった

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 20:12:42.23 ID:0+F9qqc+0
「あとどれくらいかかる?」とひーちゃんは聞いた

「二十分くらい……」

「寝よ。終わったら容赦なく起こして」

はーちゃんはキーボードを叩く手を止めた
「なんでいっつもそんなに眠いの?」

「人がいるとこでしか寝れないんだよ」

「はあ?」

「信じなくてもいい」、ひーちゃんは笑った

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 20:16:05.56 ID:0+F9qqc+0
ひーちゃんは熟睡した
はーちゃんはレポートを仕上げたあと、
喉が渇いたので、外の自販機まで行った
赤い夕焼けで、皆が空を見上げていた

冷たいコーヒーを二つ買って戻ると、
さっきまでいた部屋から、ガラスが割れる音がした

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 20:18:24.12 ID:0+F9qqc+0
「なに、今の?」戻ってきたはーちゃんは聞いた

「ゴキブリがいたから殺そうとしたんだよ」

ひーちゃんは笑って言った
携帯を投げて窓を割ったらしい

「顔、真っ青だよ?」

「ゴキブリ、苦手なんだ」ひーちゃんは答えた

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/20(月) 20:20:04.74 ID:0+F9qqc+0
ガラスを集めながら、はーちゃんは理解した

この人、本当に、人がいるとこでしか寝れないんだ
ていうか、寝れない以上の何かがあるんだろうな
マジあたまおかしーんじゃねーの

「……寝れないなら、友達とか、呼べばいいじゃん」

「見りゃ分かるだろ、友達いないんだよ」

そんで家族は一人もいない、か
はーちゃんはひーちゃんの頭を撫でてあげたかった
でも不気味がられるだろうからやめておいた