「あは。いっぱいします?」

その時は、何よりも悩んでる彼女の姿をもう見なくてもすむ事が嬉しかった。
俺はその日は休日だったから、朝一でお婆さんのとこに様子見に行ってみたら、安堵した表情で。
俺の顔見るなり
「ありがとねぇ本当に。」
とお礼言ってくれた。でも何か納得いかなくて。
この時も親父の力借りて。結局何もして無くて。また彼女の横でそわそわしながら様子見てただけ。
それで感謝されて良いのかどうか。悩んだけど、落ち込みそうだから考えるのは止めた。
学校から帰って来た彼女は、ピンポン鳴らしもせずに鍵開けて入ってきて真っ直ぐ俺の横来て。

「あは。ちょっと気楽。」
微笑して。瞳の明るさが増してて。その顔見ただけで『よかった』と。
ちょっとでもいい仕事探したいから高校いきます。彼女の出した結論。俺は頷くだけで。
市営の方行って、夕食一緒に食べながら、いつになく饒舌に話すお婆さんがいて。

「母親も高校も行かんと働いてさっさと結婚したけんね。そがいなるんやないかってね。」

そんな心配もしてて。となると俺も心配のタネだったのかなと思って。とりあえず謝ったけど、

「なに、謝る言う事はあんたそんな気でおったの?」
突っ込まれて思わず彼女の方見たら、
食事の手止めて横目で見上げられてて。完全に俺の答え待ちで。何故か、何か変な汗かいて。
お婆さんに
「本気で考えんでも。」
そう言って貰って助けられたけど、彼女は納得して無くて。
部屋帰って座ったらつんつん、と肩つつかれて
「ちょっとは考えてました?」
じっと見つめられて。
全く頭になかった事だから
「…まだ。」
そう答えた。彼女はちょっと溜息っぽく息吐いて、

「…私ちょっと考えてました。」
中学出て六月で十六歳だからとか色々言ってたけど最後に、

「でも便りきりじゃダメだし。自分で働いてご飯食べれるようになってないと、ですよね。」

真面目な顔で言った彼女が、可愛くて。
「うん。それまでがんばろ。」
口突いて出た言葉がそれで。

「お願いします。」
やっぱり真面目に返されて。俺も適当じゃいけないなと。腹が決まった。
進学決めたからには、彼女も受験生。三者面談とか進路指導とか本格的に始まった。
進路に選んだ高校は彼女の成績からしたら普通にやってればまず落ちないレベルだったし、
学費とかの事も福祉科の担当さんに相談したら
「勉強頑張ってください。」
だけで、簡単にOK出て。
進学に関する金銭的な事はクリアできて一安心。お婆さんが凄く安心してくれて。
俺が彼女の一家に会ってからその時までは、常に何か不安とか心配とか抱えた状態で。
やっと訪れた、直面してる問題が無い状態。とりあえず何も心配する事が無い日常。
彼女もお婆さんもやっと少し緩んだ感じで。何となくのほほんとしていた。
お母さんのお墓参りも、とりあえず顔見せ。そんな軽い雰囲気で。遠足気分で行けて。
やっとお母さんの事を話す時も彼女の声に重さを感じなくなって。聞いていて安心できた。
俺も仕事に慣れると、月日の経つのが早く感じるようになって。毎月があっと言う間に過ぎて。
親父が
「就職したら一年あっと言う間だぞ」
と言ってたのをああこの事かと実感して。
研修は勤務扱いだったから夏のボーナスがほぼ満額出て。初めてまとまった金額手にして。
そのボーナスと学生の時の貯金とで車を買った。勿論中古。車検は長かったけど、安かった。
選んだのは彼女。黄色のキャロル。俺には似合わない。けど彼女が気に入ってたから良しとした。
それで行動範囲は広がったけど、俺は仕事。彼女は受験の追い込み。一緒に出かける機会も無くて。
結局初めて長距離乗れたのは、年末に俺の実家に彼女とお婆さんと招いた時で。
おかんが何ヶ月も前から俺に日程調整して絶対連れて来いとうるさくて。婦長さん拝み倒して。
発表された年始の勤務表見て。大晦日から正月二日連休貰えてて。胸撫で下ろした。
去年からの約束だったからとおかんも喜んで、彼女も直に会うのは久しぶりだと喜んで。
お婆さんは
「あんたらだけで行き。」
とか渋ってたけど親父と話して。行く事になって。

「すっごくキンチョーしてます。」

「何で?」

「だってお兄ちゃんの実家ですよ?」

「それで?」

「か、カレシの実家呼ばれちゃったんですよ?」

俺とは違った意識持ってる彼女がいて。

「ちゃんとしないと。」

目が真剣で。何を?とか聞ける雰囲気じゃなかった。
大晦日の昼頃出発の予定で迎えに行ったら、もう既にかなり緊張した面持ちの彼女がいて。
車の中で何がそんなに心配かと聞いたら、その答えは意外にも婆ちゃんと会う事で。
親父、おかん、婆ちゃん。一人にでも嫌われたら今まで通りではいられなくなるかもしれない。
そんな風に重く考えてる事を知って。婆ちゃんは歓迎ムードだから心配ないと言っても、

「ちゃんとしてないとだもん。」
考えすぎだとは思ったけど、俺まで少し不安になった。
家帰り着いて親父とおかんに帰ってきた連れて来たと報告してすぐ、初対面の婆ちゃんに紹介。
婆ちゃんに何やかや聞かれてその間中、きちんと正座。背筋伸びすぎ。受け答え、丁寧すぎ。
だんだん笑えてきて、時々視線で牽制されて。お婆さんと二人、笑い噛み殺すのに苦労した。
おかんが気付いて
「今日はよそ行きなの?」
って茶化してくれてやっと少し緊張解けて。
婆ちゃんの
「うちの孫、よろしくお願いしますね。」
って言葉に元気に
「はい。」
言って。
部屋に荷物置きに行った時に
「…よかったぁ。」
胸の前で、静かに小さく両手でガッツポーズ。
声弾ませて
「これで家族全員公認のカノジョですよね。」
その表現には、何か妙に照れた。
のんびりする為の帰省で特に予定無し。俺と彼女以外は酒入ったから、二人で初詣行って。
そこで地元の友達と出くわして。
「あーあー、帰ってこねぇ訳だよなぁ。」
それが第一声で。
連絡回されて、気心知れてる連中が八人集まって。ファミレスに場所移してそこで彼女紹介して。
激しく冷やかされたけど、彼女が真っ赤になって俯いたの見て止めて、馬鹿話経由で昔話に。
彼女は高校までの俺の事を興味津々で聞いてて。都合の悪い所伏せて貰うのに散々頭下げた。
久々過ぎて長々話し込んでたら、いつの間にか彼女寝こけてて。時間確かめたら朝の四時で。
先抜けする事にして、彼女おぶって店でようとしたら
「結婚式呼べよ!」
って誰かの声が飛んで。
俺もノリで
「おう!」
って返して店出て。少し歩いたとこで背中の彼女にほっぺたつつかれて。

「いつですか?」
彼女聞いてたみたいで。

「…。」

「いつ?」

「…大人になってから。」

「あは。」

俺の首に腕巻いて、また寝入って。首に触れる寝息が暖かくて。なんとなく、遠回りして帰った。
大晦日と元日とのんびりして貰って。帰り際に親父と婆ちゃんは彼女にお年玉渡して。
部屋帰って二人になった時に
「お年玉もらったの初めてなんです。」
興奮気味で早口になってて。
喜びように驚いて用意しとけば良かった何て事を言ったら
「それ変ですよぉ。」
笑われて。

「カレシから貰うのは変です。」
言い切られると渡せる感じでもなくて。親父達に嫉妬した。
その中身確認して
「…わ。こんなにいいんですか?」
かなり驚いて、困ってもいて。
親父とおかん連名と、婆ちゃんから一万円ずつで二万円。自分のお金として持つのは初めてだと。
何か欲しい物あったら買っちゃえば?そう言って連れ出したけど、行ったのは文房具屋と銀行。
印鑑買って通帳とカード作って
「オッケーです。」
何がオッケーなのか解らなくて聞いたら、
高校入ったらバイトするから必要になるし
「アルバイトしてた方が就職有利みたいです。」

先見すぎと思ったけど大真面目に考えていて。俺にとっては部活やって遊ぶ時間だった高校生活は、
彼女にとっては就職までの足掛かりになる期間という位置づけ。歴然たる意識の差。
姿形は普通よりかなり小柄な中学生なのに、思考は二十歳過ぎた社会人の俺よりもかなり大人で。
ギャップ激しくて。どう接してればいいのか解らなくなりかけて、時々悩んだ時期だった。
お年玉は何に使うでも無く
「無くなる予定が無いお金です。」
通帳眺めて嬉しそうにしてて。
俺が十五の正月に貰ったお年玉の使い道を思い出すと、あまりに子供っぽくて恥ずかしさ感じた。
ふと気になって
「入試大丈夫?」
言ってみたら
「ちゃんとやってますよ。」
自信ありげで。

「心配しなくていい?」

「ですよ。」

「ホントに?」

「って思ってないと。」

やっと少し本音で。
選んだ学校はまず落ちないレベル。でも周りは塾とかでどれだけ伸びてるか解らないのは、不安。
俺や親父達やお婆さんが進学勧めて。進学決めたら一緒に行こうと喜んでくれた友達もいて。

「落ちれないですね。みんな期待してくれてるし。」

重荷にならなければいいなと思ったけど、

「制服かわいいし。」
付け足して。

「まさかそれで?」

「あは。ちょっと。ちょっとですよ。」

自分から頭持ってきて。手、乗っけて。そういうのもアリかなと、余分に撫でた。
二月の半ば過ぎに入試。入試前には同じ学校受ける友達を市営に呼んで一緒に勉強して。
彼女の学校での事は最初に聞いた時に微妙な雰囲気になって以来聞けなかったけど、
ちゃんと仲いい友達がいて楽しく過ごせてるってのは感じられて。それには安心して。
でも集まると話し始めるのは仕方の無い事らしく。身が入ってる様子は無いとお婆さんは笑って、

「なるようにしかならんからね。」
気負ってるよりは安心してられると。俺もそう思う事にした。
彼女は
「見たいって言うから。」
と俺の部屋に友達連れて来たりもして。
後で
「大きいー。」

「怖くない?」
その二つは必ず言われると笑って。だろうなと納得した。
入試の前日に
「入学祝い何がいい?」
フライングして聞いたら
「制服です。」
って答えで。
その時着てた中学の制服ちょっと持って
「これ、着れなくなるし。」
少し寂しげで。
お母さんに買って貰った最後の服。思い入れはあっても中学出て着続ける事は出来ない。

「高いけど、いいですか?」

「いいよ。」
彼女から買って欲しい物の指定があったのはそれが最初。
制服ならサイズ合わせだけだから選ばなくていいのに少し安心した。
合格発表当日。たまたま休みが合ったから、一緒に見に行く事になって。彼女も友達も一緒で。
女の子四人連れて徒歩で高校まで。殆ど引率。みんな全然緊張感無くて。拍子抜けして。
理由聞いたら
「今年三人しか落ちないから。」
だから大丈夫。でも逆に残酷な状況でもあって。
掲示板に結果張り出されて、すぐ彼女と友達三人とは番号見つけて喜び合ってたんだけど、
大泣きしてる男子がいて。仕方の無い事だけど、気の毒に。そう思ってたら急に振り向いて。

「生活保護!学費どうすんだよ!就職じゃねぇのかよ!迷惑なんだよ!!」
一瞬で周囲の空気凍って。
こっち突っ込んできて。先生とか周囲の男子が止めに入って。それ後目に、足早にその場離れて。
彼女に視線落としたら、俺の腕引いて
「慣れてます。」
かける言葉無くて。軽く肩抱いて。
彼女が動かないから俺も動けないでいると、彼女の友達が
「はい、交代。」
と、手挙げて。

「ダメ。」

「あ、ケチ。」

「私の。」

「はいはいそーだよねー。」

笑わせてくれて。
やっとまた喜び合えて。合格と、良い友達いてくれた事。二重に嬉しかった。
あの時彼女に罵声浴びせた男子は、学校でも同じ感じで、彼女が進学取り止めれば、
自分が繰り上がるんじゃないかと思って、付け回して怒鳴りつけて何て事もあったらしい。

「親いねぇから怖くねぇ。」
と放言してたとも。でも彼女は俺に何も言わなかった。
俺はそれを、一緒に合格発表見に行った中の一人と携帯で話して知った。
ただ周囲もその男子の行動を異常と見て彼女と二人にするような事は無かったし、
教師も事態を重く見て男子呼び出して指導したりと言う事もあったけどおさまらないで、

「すっごい嫌味なハゲ」
の先生がHRの時に担任でもないのに来てその男子立たせて、

「繰り上がりなんか無いよ。バカがみっともない逆恨みすんな。」
直接言ったそうで。

「惨いけど、何かスッキリしました。」
それ以来は何もしなくなったと、笑って。

「黙って我慢するからチョーシ乗らせちゃうんですよ。」
我慢強すぎるとも言って。
彼女の
「慣れてます」
って言葉と、そんなが事あっても俺には何も言わなかった事。
やっぱり嫌な思いして、それ押し殺してた事もあったのかなと考えると、やっぱり情けなくて。
何もせずにいられなくて、彼女帰ってきたらすぐ制服買いに連れて行って。
採寸して貰って一揃い。試着してはしゃぐ姿見て嬉しくて。ネクタイの結び方知らなくて、
部屋帰ってから教えながら

「他に何かない?」

「他に?」

「進学祝い。」

彼女、手止めて。
意外な顔して振り向いて
「なんでもいいんですか?」

「いいよー。」
軽い気持ちで言ったら、

「んじゃ、高校入ったらもう少しカノジョ扱いしてください。」
何かやたらと困る事言われて。
友達に
「三年も付き合って何も無いのはゼッタイに変。」
と言われまくったらしくて。
俺に反論とかする暇も与えずぺこ、と頭下げて
「お願いします。」
何よりも困る事柄で。

「…そのうち。」
曖昧な言葉返したけど彼女も突っ込んでは来ずに。照れ笑いしてた。
中学の卒業式には、俺も出席。お婆さんに
「あんたには来てもらわんと。」
そう強く言われて。
同僚に勤務日変わって貰って出席決定。前日から自分の時より緊張して。変な気分だった。
式は淡々と進行して。解散した後も写真撮ったりビデオ回したりで明るくて。イベント後な感じ。
俺も彼女とお婆さんと一緒に写真撮って貰う事になって。カメラ持ってた彼女の友達がノリノリで、

「もっとくっついて下さいー。」
俺に指示出して。彼女も寄ってきて、位置的に肩に手乗っけて。

「顔遠いから頭下げて下さいー。」
俺が少し屈んだら彼女に向かって
「ほっぺにキスしてー。」

ゆっくり俺の方見る彼女がいて。しないしない、と手振ったら
「後でこっそりだよねー。」

一斉にひやかされて。照れる彼女の顔、手で包んで隠したら
「やさしー。」
困った状況だった。
いつもそうなのか、式の後でハイだったからなのか。彼女の友達、みんなうるさいくらい賑やかで。
彼女は俺とセットでいいオモチャにされてたというか。たくさん笑わせて貰って。
湿っぽさを感じる事は全く無く。卒業式も今はこんな感じなのかなと。ちょっとギャップを感じて。
普段は殆ど感じなかった年齢差だけど、何となく気付かされた六歳差。まだ大きな差だった。
帰る雰囲気になった時はもう四時半回ってて、こんな日くらいはと夕食誘って回転寿司屋行って。
ワサビがダメな彼女、さび抜き注文するの俺に頼んで。俺から店員さんに声かけて頼んで。
お婆さんがそれ見て
「世話焼きやなぁ。」
彼女にも
「甘えきってからに。」
嬉しげに笑って。
世話になりっぱなしで何とか中学出せたと頭下げられて。そんな事されると何か慌てて。

「俺もお世話になってますから。」

「なんちゃ釣り合い取れとらせん。」
断じられて。
お婆さんは彼女の髪撫でながら
「あんたもチューくらいしたげんと。」
冗談で言ったんだろうけど、
彼女はワンテンポ置いてから
「う、うん。」
真面目な顔で返事して。その時はそれですんだけど、
帰って二人になった時。彼女が俺の肩つついて
「あは。教えてください。」
ちょっと顔赤くして。

「教えてって。」

「した事無いもん。」

「いずれね。」

余裕見せたつもりだったけど、
結構強く、肩叩かれた。明らかな抗議。不満げな表情。それ消すためにずいぶん長く、撫でた。
高校の入学式当日。俺は仕事。しかも夜勤明け。彼女は残念がったけど出席出来なかった。
色々あって家帰れたのが一時。夕方六時頃に彼女が顔触ってるのに気付いて、目を覚ました。
ヒゲ触ってる手止めさせたら
「おはようございます。」

「おはよ。」
眠気はまだあったけど起きて。
彼女はまだ制服着たまま。きちんと着た姿は初めて。突然大人びた感じがして、違和感すら感じた。
彼女がかわいいと言った制服は、公立校にしては派手目な色使いで。田舎では珍しかった。
紺ブレザーと赤いタータンチェックのスカート。濃い赤地に細く斜めラインのネクタイ。
中学よりは校則緩くて髪結ばなくて良かったから、肩胛骨までの髪はおろしたままで。
見せたかったから着替えなかったと言って
「今日から高校生です。」

「うん、おめでとー。」

言わんとする事は解ってたけど気付いてないフリして。その時は彼女も笑っただけで。
夕食食べさせて貰いに市営の方行って。彼女は友達が多いクラス入れて安心だと。そんな話して。
保護の事は合格発表の時の事で知れ渡ってたけど、興味はそこには無く。他校から来た生徒は、

「あの人って何?」
それ取っ掛かりに会話始めようとする事が多かったらしく。

「めんどくさいからカレシって言っちゃいましたからね。」
事後承諾求められて、頷いて。
高校生と社会人。でかい壁。疑う材料はいくらでもある。面倒な事にならなきゃいいなとは思いつつ、
彼女が友達作れるならいいのかなと。そんな風に考える事にした。
中学卒業と高校入学。式だの手続きだので煩雑な毎日過ごしてたお婆さんは疲れ気味で早々に就寝。
彼女は着替えて俺の部屋来て。床で寝かかってた俺の顔触って起こしてくれて。

「あは。今日からですよ。」

「…うん。」

「お願いします。」

悪戯っぽい顔した彼女がいて。

「何を?」

「カノジョ扱い。」

難しい要求で。それまでカノジョ扱いしてなかったかというと、
俺は全くそんなつもりはなかった。けど彼女はそうは感じてなかったらしく。足りないモノがあると。